フコイダン【がんに効く食品サプリメント】

がんに効果が実証されたフコイダン

フコイダンは、がんに効果があると医学でも証明されている成分です。
昆布やワカメやモズク等の海藻に含まれているヌルヌル成分です。
一般的に納豆やオクラなどのヌルヌル成分は体に良いとされていますが、海藻のヌルヌル成分には、がん細胞を自滅させる効果があると1996年の日本癌学会で発表され脚光を浴びました。

まず、がん細胞とはどんな細胞なのか?と言うと、普通細胞は老化してくると細胞が死んでまた新しい細胞が生まれるという事を繰り返しています。
がん細胞は老化しても自分自身を殺す機能が働かずいつまでも生き延びて異常細胞をどんどん増やしてしまう。気が付いたら体中異常細胞だらけになってしまうのが、がんの正体なのです。

がん細胞を自滅させる機能を復活させれれば、がん細胞は勝手に無くなってしまい、がんを克服できます。

フコイダンは、がん細胞だけに直接自滅作用をうながし、なおかつ元々食品なので副作用の心配もほとんどありません。

特に胃がんや食道がんや大腸がんなど直接フコイダンの通り道になる部分には、効果が大きいと言われています。その他のがんにも効果はあります。

しかしながらフコイダンも健康食品なので、がんに効果があります。っと記載することは禁止されています。あくまでそうやってがんを克服した人たちが居るとだけ報告させてもらいます。


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。