がんの種類

脳腫瘍【がんに効く食品サプリメント】


1.脳腫瘍とは

脳腫瘍とは、脳組織の中に異常細胞が増殖する病気です。

脳腫瘍には、脳組織自体から発生する原発性脳腫瘍と、他の臓器のがんが脳へ転移してきた転移性脳腫瘍の2種類があります。

原発性脳腫瘍には、良性と悪性の2種類あります。たとえ良性の腫瘍であっても、頭蓋内という限られたスペース内に発生する脳腫瘍は、大きくなると正常な脳を圧迫し障害をおこし、治療の対象になります。

脳腫瘍(中枢神経を含む)の発生率は、1年間に人口10万人に対して約3.5人です。

脳腫瘍は全体として悪性のものが多く、その細胞の形や性質により細かく分類されています。治療法、完治の可能性や予後は、この脳腫瘍の種類と全身状態によりほぼ決められます。

以下に原発性脳腫瘍の種類と割合を示します。

脳腫瘍の種類 割合
1.神経膠腫 28% (悪性)
 1-1 星細胞腫(せいさいぼうしゅ) (28% ) 比較的良性
 1-2 悪性星細胞腫 (18%) 悪性
 1-3 膠芽腫(こうがしゅ) (32%) 悪性
 1-4 髄芽腫(ずいがしゅ) (4%) 悪性
 1-5 その他 (18%)
2.髄膜腫 26% (良性)(一部悪性)
3.下垂体腺腫 17% (良性)
4.神経鞘腫(しんけいしょうしゅ) 11% (良性)
5.先天性腫瘍(頭蓋咽頭腫など) 5% (比較的良性)
6.その他 13%  


原発性脳腫瘍の中で最も多いのが、神経膠(しんけいこう)細胞から発生する神経膠腫と呼ばれるもので、全体の約28%を占めます。神経膠細胞とは、神経細胞と神経細胞の間や、神経細胞と血管との間にあり、栄養や酸素を神経細胞に供給する役割をもっています。

神経膠腫のうち、最も発生頻度の高いものは星細胞腫です。成人では大脳半球に多く、小児では小脳に発生しやすいものです。小児の星細胞腫の中には、手術で治癒するものがあります(詳しくは「脳腫瘍(小児)」の項を参照して下さい)。

成人発生の星細胞腫には、比較的良性の星細胞腫と悪性の悪性星細胞腫とがあります。星細胞腫は比較的良性の腫瘍ですが、悪性化をおこすことがあるため注意を要する腫瘍です。膠芽腫は、神経膠腫全体の約1/3を占め、神経膠腫の中でも最も悪性度が高く、45〜65歳の男性に好発する非常に治療が難しい腫瘍です。

神経膠腫に次いで多いのが、脳を包んでいる髄膜に発生する髄膜腫です。その他、ホルモンの中枢である下垂体に発生する下垂体腺腫、聴神経に発生する神経鞘腫などがあります。

原発性脳腫瘍が、頭蓋内の病巣から肺や肝臓など他臓器に転移することはほとんどありませんが、他の臓器で生じたがんが脳に転移することは少なくありません。これを転移性脳腫瘍といいます。特に脳への転移が多くみられるのは、肺がん、乳がんなどです。また、肺がんの転移は脳実質と呼ばれる脳の内部に、乳がんの転移の場合は硬膜などの膜組織に定着しやすい性質をもっています。また、転移性脳腫瘍の特徴として、転移が複数個所認められることがあげられます。さらに、脳脊髄液という脳を取り囲んでいる液体の中で、がん細胞が増殖することもあります。この場合は極めて治療が難しくなります。


2.症状

頭痛の程度が徐々に強くなったり、嘔吐の頻度が増えてきたり、歩き方や話の内容や話し方がおかしくなってきた場合には医師の診察を受けましょう。このような症状は脳腫瘍以外の原因でもおこることがありますが、注意が必要です。

脳腫瘍がおこす症状には、腫瘍自体が神経を圧迫したり壊したりする局所症状と、限られた頭蓋内スペースの中で腫瘍が大きくなることによりおこる頭蓋内圧亢進症状(ずがいないあつこうしんしょうじょう)があります。


1)局所症状

脳は神経の中枢ですが、運動や感覚などのいろいろな機能は脳の中で分散して行われています。例えば、左の前頭葉の運動野という手足などを動かす部位に腫瘍ができると右半身の麻痺がおこるというというぐあいです(右側に腫瘍ができた時は、麻痺は左半身におこります)。

脳の前方にある前頭葉の左側に腫瘍ができた右利きの人の場合には、無気力、痴呆様行動などの性格変化や尿失禁、右半身の麻痺、言語障害などが出現します。

後頭葉に腫瘍ができた時は、視野狭窄(しやきょうさく)、視野欠損などがみられます。

右利きの人の左前頭葉(左利きの多くの人では右前頭葉)に腫瘍ができると言語障害がおこります。


脳の中心にある下垂体や松果体(しょうかたい)、視床下部付近に腫瘍ができると眼を動かす動眼神経の障害で複視(物が二重に見える)などの異常をおこしたり、ホルモンの分泌異常のために無月経や成長障害などの内分泌障害などがおこることがあります。

小脳や脳幹と呼ばれる部位に腫瘍ができた場合には、手足などがふらつき、調整が効かない失調になったり、聴力障害、顔面麻痺、めまいなどがおこってきます。


2)頭蓋内亢進症状

限られた頭蓋内で腫瘍が大きくなると、正常な脳を圧迫し頭蓋内圧が上昇します。これにより持続的な頭痛、吐き気、うっ血乳頭(眼底検査で視神経乳頭がはれていること)などがみられるようになります。

慢性頭痛はその中でも最も注意しなければならないものです。頭痛は脳腫瘍以外の病気でもおこりますが、脳腫瘍の場合には慢性的に持続し、朝起床時に強く、その後は次第に症状が弱くなっていく傾向があります。初期の脳腫瘍の約20%にみられますが、進行するにつれ70%以上みられるようになります。頭痛の増悪とともに吐き気、痙攣、失神などもみられるようになります。これらの症状がみられた時は、すぐに医師の診察を受ける必要があります。


3.画像診断

脳腫瘍の場合、脳ドックを除いて他のがんで行われているような検診制度はありません。今まで述べたような脳腫瘍を疑わせる自覚症状がある場合、早期に診察を受け、症状の経過を詳しく説明して、神経学的な異常があるかどうかを調べてもらうことが大切です。また、脳に転移しやすいがんで他のがんの治療を受けている場合、前に述べた自覚症状があらわれた時には、CT、MRIなどの精密検査を受ける必要があります。

1)CT(コンピュータ断層撮影)、MRI(核磁気共鳴像)
現在の画像診断の中心をなす撮影法です。腫瘍の位置や大きさ、画像上の特徴がわかり、重要な検査です。現在では5mmほどの大きさの腫瘍までわかるようになっています。大きさの変化や形状の時間的変化、周囲の脳との位置関係などを見る上で重要です。

2)脳血管造影
脳の血管を造影することにより、腫瘍への栄養血管や腫瘍自体の血管の性状などの詳細な情報を取得でき、診断や手術検討に用いる重要な検査です。

3)その他
超音波検査は現在手術中に行われ、術中の腫瘍の位置を正確に知る上で重要な役割を担っています。その他にも、いろいろな検査機器が開発されています。


4.病期診断

成人脳腫瘍が画像診断で見つかった場合には、次に治療方法を決定するために脳腫瘍がどのような種類で悪性なのか良性なのか、悪性の場合にはどの程度悪性なのかを決める必要があります。

このためには、開頭手術を行って腫瘍をできるだけとってその組織を顕微鏡で調べ、脳腫瘍の種類と悪性の場合には悪性度を診断する病理診断が行われます。また、画像診断所見によっては、手術で腫瘍の一部を採取して同様に病理診断を行う方法があります。どちらを選ぶかの基準の多くは、画像診断と全身状態によります。


がんの種類目次へ


国立がんセンターがん対策情報センターより一部転載
タグ:脳腫瘍 がん
この記事へのトラックバック