がんの種類

精巣腫瘍 (せいそうしゅよう)【がんに効く食品サプリメント】


1.精巣腫瘍とは

精巣は、男性ホルモンを分泌すると同時に、精子をつくり生殖を可能にする臓器です。この2種類の機能を支える細胞は、同じ精巣にありながら別々のものです。男性ホルモンを産生するのは、ライディヒ細胞、他方、精子をつくるもとになるのは精母細胞と呼ばれています。精巣に発生する悪性腫瘍のほとんどは、この精母細胞から発生するもので胚細胞腫瘍とも呼ばれています。

精巣がんの確立したリスク要因は、停留精巣(乳幼児期に精巣が陰嚢(いんのう)内におさまっていない場合)の既往とされています。停留精巣を持つ男性の精巣がんリスクは、そうでない男性の2.5〜11.4倍と報告されています。ホルモン要因と遺伝要因も重要な原因と考えられ、胎児期のエストロゲン曝露(ばくろ)、精巣がんの家族歴もリスク要因の候補として挙げられています。また、後天性免疫不全症候群(AIDS)、耳下腺睾丸炎、EB(Epstein-Barr)ウイルスなどの感染症で精巣がんのリスクが高くなることから、免疫系もリスク要因である可能性が指摘されています。



精巣に発生する胚細胞腫瘍は、顕微鏡で観察した病理組織像により下記のように分類されます。

精巣にみられる胚細胞腫瘍の病理組織像による分類

(1) セミノーマ(精上皮腫)
セミノーマの像からのみ成り立っている場合

(2) 非セミノーマ
次の中から、少なくとも1種類が構成成分の中に見られる場合

胎児性がん
卵黄嚢腫(らんおうのうしゅ)
絨毛がん
奇形腫

セミノーマと非セミノーマの分類は、その後の治療方針を決定する上で非常に重要です。その理由は、セミノーマでは抗がん剤を投与する化学療法と放射線療法がともに有効で、他方、非セミノーマでは化学療法は有効ですが、放射線療法は有効でないからです。

年齢別にみた精巣がんの罹患(りかん)率は、20歳代後半から30歳代にかけてピークがあります。また、40歳未満の罹患は全罹患数の約3分の2を占めます。精巣がんによる死亡が、がんで亡くなる人全体に占める割合は1%未満です。罹患率の国際比較では、欧州諸国は日本の2倍以上であり、アメリカでは人種を問わず高い傾向があります。組織学的分類では、胚細胞腫瘍が全体の約95%を占め、そのうちセミノーマが約70%、胎児性がんと複合組織型がそれぞれ約10%、卵黄嚢腫、絨毛がん、および奇形腫がそれぞれ数%となっています。


2.症状

多くの場合、痛みや発熱を伴わない陰嚢の腫大に気づくことで発見されます。常に気をつけて精巣の大きさやかたさに注意していない限り、精巣内のしこりが小さい時期に自分で発見することは困難です。ときに、精巣を強打して、はじめてその腫大に気づくこともあります。陰嚢内にかたいしこりを触れる場合、精巣上体(副睾丸)炎や精巣軸捻転などの病気が多いのですが、これらの疾患では多くの場合、痛みや発熱などの症状を伴うことが特徴です。また、無症状のままで陰嚢内にしこりを触れる特殊な場合として、結核菌による精巣上体(副睾丸)炎や陰嚢内に水がたまる陰嚢水腫などの疾患があります。

転移病巣による症状で発見されることもあります。例えば、腹部大動脈や大静脈の周囲のリンパ節が非常に大きくなった場合には、心窩部(しんかぶ:みぞおちのあたり)にかたい大きなしこりを触れたり、このしこりによる腰痛を訴えるようになります。この痛みは、あおむけに寝ると強くなります。また、多数の肺転移があると、息切れが強くなったり、咳とともに血液の混じった痰が出るようになります。


3.診断

最初に陰嚢内のしこりについて確認します。腫瘍が小さく、精巣の一部を占めるだけの時には、触診でやわらかい精巣の中のかたいしこりとして触れます。このようにしこりが小さい時には、超音波検査で精巣内の様子を観察することができます。腫瘍が精巣内をほとんど占拠するようになると、精巣全体がかたいしこりとして触れます。精巣が全体にかたくなった時期では、左右の大きさの差、かたさの相違などから自己判断もできます。部屋を暗くして直接に陰嚢に光をあてて、どの程度、光線を通すか(透光性)を確認します。水が貯留した水腫では全体に明るく、光が通るのが見えます。超音波検査で、腫瘍か水腫かの判断もできます。

悪性腫瘍が疑われた場合には、この腫瘍は非常に速く増殖し、転移しやすいという特徴がありますので、診断の意味も込めて直ちに精巣を摘出する手術をします。もし、転移がなければ原発病巣を摘出するだけで根治したことになります。

精巣原発の胚細胞腫瘍の診断において、腫瘍マーカーの役割は非常に重要です。腫瘍マーカーとは、腫瘍細胞が産生する物質で、腫瘍の種類や量を知る目印になるものです。腫瘍マーカーには、αフェトプロテイン(AFP)、HCGあるいはHCG-β、ときにLDHなどがあり、この腫瘍マーカーの種類と存在する病理組織像の間には相関があります。そこで、腫瘍マーカーの数値により、病理組織が推定できるわけです。ただし、すべてのタイプの腫瘍が腫瘍マーカーを産生するわけではありません。セミノーマや奇形腫では、多くの場合腫瘍マーカーは上昇しません。

原発病巣の診断が確定したら、次に転移の有無に関する診断を開始します。精巣に発生した胚細胞腫瘍は、他臓器にみられる悪性腫瘍と同様に、原発臓器(精巣)にしばらく限局して増大し、やがて転移します。多くの場合、最初に転移するのは腹部大動脈周囲のリンパ節で、精巣からリンパ管を経由して転移します。次いで肺や横隔膜より上のリンパ節、さらに肝臓、脳などに転移します。腹部リンパ節転移や肝転移に対しては腹部CTや腹部超音波検査、ときにMRIなどが実施されます。肺転移に対しては、胸部単純撮影、胸部CTが実施されます。脳転移についてはMRIあるいは、脳CTが実施されます。


がんの種類目次へ


国立がんセンターがん対策情報センターより一部転載
この記事へのトラックバック