がんを克服

がんを克服するために

がんを克服するために必要なことは、決してあきらめないことです。

がんだからと言って100%死んでしまうとは限らない
初期や中期のがんならば、なおさら希望が持てますよね。

だって末期でもがんを克服した例があるのですから・・・
がんに効く食品やサプリメントを摂ってがんの進行を遅らせ、あわよくばがんを死滅させてしまえば良いのです。

ある統計によると、がんになってしまった人でも絶望してしまった人の方が早く亡くなってしまう。前向きに明るく過ごしている人の方ががんの進行が遅く長生きするとありました。

少しでもがんを治す時間が多ければ、がんを克服する可能性が多いという事なので、是非がんになっても明るく前向きに一日一日を過ごしてください。

家族や友達などみんながんを克服することを願っているのですから・・・
長い時間生き続けていれば、今以上にがんに効く薬が開発されるかもしれません。医療もどんどん進んでいますからね。
あきらめないで頑張りましょう。

私はこれをおすすめします。




癌克服レシピ 井上俊彦 口コミ

がんを克服

治験について

がんを克服するのに、
新しい薬が早く出来るといいですね。

その手助けとなっているのが治験です。

【10年間の実績保有】社会貢献度の高い治験ボランティアお申し込みはこちら


治験の詳細はこちら




積極的に治験に参加して、社会貢献しましょう。



がんを克服

中咽頭がん

1.中咽頭がんとは

一般に「中咽頭(ちゅういんとう)」という言葉になじみがないと思いますので、その中咽頭の位置および役割から述べます。


1)中咽頭の位置と分類
咽頭は鼻や口の奥にあり食道や喉頭(こうとう)の上に位置します。その咽頭はさらに上・中・下に細かく分類されます(図1)。 上咽頭(じょういんとう)は鼻の突きあたりにありますが、直接見ることはできません。 中咽頭は口を大きく開けた時、口の奥に見える場所です。 下咽頭(かいんとう)はさらに下のほうにあり、食道や喉頭の入口付近に位置しますが、直接見ることはできません。 中咽頭はさらに4つの部位に区分されます(図2)。 まず、口を大きく開けた時に見られるいわゆる「のどちんこ」と呼ばれる突起した部分と、 その上のうわあごの軟らかい部分を「軟口蓋(なんこうがい)」といいます。 ただし、うわあごの固い部分は「硬口蓋(こうこうがい)」といって中咽頭ではなく口腔の領域に含まれます。 「扁桃(腺)」も口の奥の左右にあり中咽頭の一部で、口の奥の突きあたりの壁は中咽頭の「後壁(こうへき)」と呼ばれています。 もうひとつ、舌のつけ根も「舌根(ぜっこん)」といって中咽頭に属します。ただし、口の中に見える舌の前方の大部分は、 なめらかによく動くため「舌可動部(ぜつかどうぶ)」あるいは「口部舌(こうぶぜつ)」と呼ばれ、口腔に属します。


2)中咽頭の役割
中咽頭は、食物や空気の通路ですが、食物を飲み込む嚥下(えんげ)や言葉を話す構音(こうおん)をうまく行うための重要な働きをしています。

がんができた場合や、外科療法を行った後に生じる症状を理解するために、中咽頭のそれぞれの部位の役割をもう少し詳しく説明します。

軟口蓋は、鼻と口との間を開けたり閉じたりする扉の役割をもっています。 この軟口蓋がなくなると、食べたものが鼻に流れ込んだり、話をする時に息が鼻に抜けて言葉がわかりづらくなります。 これを開鼻声(かいびせい)といいます。

扁桃は、幼児期には外界から進入する細菌などに対する免疫防御器官としての大切な役割をもっていますが、 成人では食物、空気の通路としての役割しか果たしていません。ただし、リンパ組織に富んでおり悪性リンパ腫の好発部位となります。

後壁は咽頭と頸椎の間をさえぎる壁ですが、食物や空気の通路としての役割しかありません。

舌根は重要な役割をもっています。食べた物を飲み込む時にこの舌根が奥に動いて食物を食道に送り込みます。 同時に誤嚥(ごえん:食物が喉頭から気管に入ってむせること)がないよう、この舌根が喉頭の上を塞ぎます。 この働きがうまくいかないと、誤嚥のため口から食事ができなくなります。

3)頻度と発症原因
頭頸部(主として耳鼻咽喉科が診療する領域)自体、がんの発生頻度は少なくがん全体の約5%といわれています。 この領域にできたがんを頭頸部がんといいます。中咽頭がんはその中に含まれますが、その頻度はさらに少なく、 頭頸部がんの約10%にすぎません。中咽頭には、扁平上皮がんの他に悪性リンパ腫、 粘膜下に存在する附属腺から発生する腺がんなどがみられますが、最も多い扁平上皮がんについて話を進めます。 わが国では、年間1,000〜2,000人程度に発症する比較的まれながんといえます。 ただし、地域的には九州、沖縄など南の地域に多く発症する傾向にあり、強い酒などが原因ではないかといわれています。 また、世界的にはインド、東南アジア、フランス、イタリア、ロシアなどに多く発生する傾向にあり、 やはり強い酒や、インドのかみたばこをたしなむ風習などが、中咽頭がん発症の誘因のひとつではないかと考えられています。 男女比では他の頭頸部がんと同様に圧倒的に男性に多く、好発年齢は50〜60歳代で、比較的若い人にもみられます。

このように中咽頭がんの発症状況から、酒とたばこが大きな要因と考えられています。 さらに頭頸部の他の領域、すなわち口腔、下咽頭、喉頭などに発生するがんも同様で、 長期の飲酒歴や喫煙歴のある人は頭頸部がんに注意する必要があります。


2.組織分類と病期(ステージ)分類
他の頭頸部がんと同様、中咽頭がんのほとんどは扁平上皮がんという種類のがんです。 その他、まれですが粘膜下に存在する小唾液腺から発生する各種の腺がんもあります。 また、中咽頭は扁桃をはじめリンパ組織に富んでおり、悪性リンパ腫が多発します。 これらがんの種類により治療法、予後(がんが治る見込み)が異なってきます。

がんは、一般に拡がりぐあいに応じて4段階の進展度(T分類)に分けられます。 中咽頭では2cm以下の大きさをT1、2cmを越え4cm以下の大きさの場合をT2、4cmを越えた場合をT3、 さらに周囲の筋、骨、喉頭などへ進展した場合をT4と分類します。

また、中咽頭がんは頸部のリンパ節に転移しやすく、 そのリンパ節転移の状態と中咽頭のがんの進展度を組み合わせて病期(がんの進みぐあい)をI〜IV期まで分類し、 治療法を選択したり予後の見通しをたてる場合の参考とします。

やや複雑ですが、各病期について説明します。

I期
腫瘍がT1の大きさで頸部リンパ節転移がない場合。

II期
腫瘍がT2の大きさで頸部リンパ節転移がない場合。

III期
腫瘍がT1またはT2の大きさで、同側の頸部に3cm以下のリンパ節転移が1個のみ認められる場合。
腫瘍がT3の大きさで頸部リンパ節転移がないかあるいは同側の頸部に3cm以下のリンパ節転移が1個のみ認められる場合。

IV期
腫瘍がT4になった場合。
頸部リンパ節転移が2個以上認められる、あるいは3cmを超える大きさになる、あるいは反対側の頸部に出現した場合。
遠隔転移(腫瘍が頸部以外の離れた場所に転移すること)が認められた場合。


3.症状
中咽頭がんの初期症状は、食物を飲み込むときの異和感、しみる感じなどです。 やがてのどの痛みや飲み込みにくさ、しゃべりにくさなどが少しずつ強くなり、 さらに進行すると耐えられない痛み、出血、開口障害、嚥下障害、 呼吸困難など生命に危険をおよぼす症状が出現してきます。

ときには、もとのがんそのものによる症状がほとんどなく、 頸部へ転移したリンパ節のはれだけが唯一の初発症状となることもあり、注意が必要です。

中咽頭は口を開けて見えるところが多いのですが、舌根は直接見えない場所で指でも触れにくい場所です。 そのため舌根がんを早期発見するためには、他の頭頸部がんにも共通することですが、 食べ物を飲み込む時に違和感やしみる感じがある場合に、早めに耳鼻咽喉科もしくは頭頸科を受診して、 のどの奥を診てもらうことが大切です。

ただし、のどは非常に敏感な場所ですから、異常がなくても違和感を感じることがよくあります。 診察で異常がないといわれたら、あまり神経質にならないほうがよいでしょう。

また、頸部のリンパ節がはれてきた場合、がん(特に頭頸部がん)の転移の可能性もありますので、 中咽頭がんをはじめとする頭頸部がんができていないかどうか、耳鼻咽喉科(頭頸科)で精査してもらうことも大切です。


がんの種類目次へ


国立がんセンターがん対策情報センターより一部転載

がんを克服

抗がん作用のある食品サプリメント

がんを克服する上で、体ががんと戦うのを手助けするために、抗がん作用のある薬や食品サプリメントなどを摂取します。
病院でもらう薬や点滴にも抗がん作用がありますが、薬の副作用が強いと言う話を聞きますよね。髪の毛が抜けてしまうとか、吐き気がすごいとか・・・
それは病院の薬が、がん細胞と一緒に正常な細胞まで攻撃してしまうからなのです。がん細胞だけを攻撃する、しかも効果の強い薬がまだないから多少の犠牲は仕方ないと言った諸刃の剣のような薬を使用しています。

ところが、メシマコブやフコイダンといった食品サプリメントはどうでしょう?人間の本来持っている免疫力を強める・・・
そうなんです、がん細胞だけを攻撃する力を強めているんです。ですから副作用の心配がほとんどなく、抗がん作用を発揮することが出来るのです。